図書館をよく使う人におすすめしたい。アマゾンの kindle unlimited

「ぬお~ 本を図書館に返しに行くのめんどくせー。」

「本借りようと思ったらもう閉まってた~~。」

「とりあえず10冊借りたいけど、持ち運び大変なんだよな。」

この記事は読書が好きでたくさんの本を読みたいけどあまりお金をかけたくないので図書館をよく利用するサラリーマンに向けて書きました。

そういう私も読んでみたい本がたくさんあり、ひっきりなしに図書館に行っていました。
借りれる上限まで取りあえず借りておくというスタイルでした。

中には、一切読まずに返却期限が来て、とりあえず延長手続きをして、そのうち興味がなくなるという本も結構ありました。

図書館のメリットと言えば

  • 無料である
  • 本のラインナップが広い

ことが挙げられますよね。

一方デメリットとしては

  • 閉館時間が早めなので平日に本を借りたり、返すのはハードルが高い
  • 本を借りたり、返すのに移動時間が必要
  • 新しい本や人気の本が借りられない

ことが挙げられます。

そういう人におすすめなのがアマゾンのkindle unlimited  (キンドル アンリミテッド)という本の読み放題サービスです。


このサービスはキンドルというアマゾンの電子書籍が月額980円で読み放題になるというサービスです。

読書好きの方ならご存知だと思いますがアマゾンには電子書籍リーダーのキンドルというのがあります。

そういったものをわざわざ買う必要はありません。
自分のスマホにkindleの無料アプリをインストールすれば読むことができます。

月980円だと本1冊買えるか買えないかの金額です。

知っておきたいキンドル アンリミテッドのデメリット

すべての本が読めるわけではない

このキンドル読み放題の最大の弱点が読み放題とはいえ全部の本が読めるわけではないということです。

最新の本が読みまくれるぜ~と期待している方には悲しいお知らせですよね。

ただ図書館ユーザーにとっては新しい本がないのは慣れっこですよね。

「どうしても読みたいものは金払って買うしかないんだ。」

と薄々気付いてますよね。

だから、980円でわざわざ本を借りたり返したりするための時間を買うと考えれば安いもんです。

1冊気に入った本があれば元がとれちゃうのですからね。

本は10冊までしか保有できない

980円でいろんな本を読み放題ですが保持放題ではないのです。

ここも図書館と同じで10冊までしか借りられないのです。

ただし返却期限はないので、11冊目を借りたくなったらどれか一冊お返しするという使い方になります。

無料期間で1カ月試して気に入らなかったら解約しよう

無料のお試し期間が1カ月ありますので使ってみて気に入ればそのまま使えばいいです。

図書館と違って24時間スマホからアクセスできちゃうので本を借りるサイクルが圧倒的に早くなります。

キンドルアンリミテッドで読めるおすすめの本

最後にこれ読めるんだったらもとは取れるなと思った本を紹介します。

思考は現実化する

言わずと知れた成功哲学の本です。

全ての自己啓発本はこの本が源流と言っても過言ではないでしょう。

本屋で買えば2000円近くする本です。

光文社古典新約文庫

光文社古典新約文庫がかなりkindle unlimitedで読めます。

文庫は1000円いきませんが、元はほぼ取れます。

内向型を強みにする

成功、コミュニケーション、リーダーシップ、なんか苦手、
なんか合わない、

という人におすすめしたいのがこの本です。

内向型の人なら思わず、

「うん、うん、そういうことだったのか。」

と納得してしまうところがあります。

自分の内向型度が意外と深くないと気付かされました。
普通に買えば1400円の本です。

コメントを残す

*

CAPTCHA