本をたくさん読みたいけどお金がない人におすすめ kindle unlimited

本をたくさん読みたいけどお金がない女性 おすすめの本

「本をたくさん読みたい」
だけど、
「そんなにお金が無い。」
「どうせ高いお金を出して本を買っても最後まで読まない。」

生活に読書の習慣を取り入れようとするとこういう問題っておきますよね。
良書に巡り合うには、すべて読み切らないにしても多くの本を読んでみることが大事だと思います。
でもお金だってかかりますよね。

そこで当記事ではその悩みを解決するためにAmazonの電子書籍読み放題サービス kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)を紹介します。

そういう私もkindle unlimitedを使ってもう3年くらいたちます。
月額980円でメリットとデメリットがあるものの結局使い続けています。

当記事の流れとして

  • Kindle Unlimitedとは
  • Kindle Unlimitedのメリットとデメリット
  • Kindle Unlimitedの料金と支払い方法

です。

試してみたいと思った方は無料体験をしてみてください。



Kindle Unlimitedとは

Kindle Unlimitedとは、アマゾンが配信しているサービスです。電子書籍が読み放題で豊富な本、雑誌や漫画が読めます。

すべての本が対象ではなく、2,000,000冊です。

書籍のダウンロードや利用方法は、今まで使ってきたKindleの方法と全く同じです。利用が可能な機種は

  • パソコン
  • タブレット
  • Kindleの端末(Kindle Paperwhite)

です。

Prime ReadingとKindle Unlimitedの違い

アマゾンには電子書籍の読み放題サービスとしてPrime ReadingとKindle Unlimitedの2つがあります。

2つのサービスの違いですが、
Kindle Unlimitedは本の読み放題専用サービスで、
Prime ReadingはAmazonプライムという月額500円の会員サービスの中の本の読み放題サービスです。
Amazonプライムは月額500円で本の読み放題サービスPrime Reading や配送無料サービス、無料動画視聴、無料音楽等々様々なサービスを受けられるものです。
これはこれで中々お得なサービスです。

読み放題本の種類としてはKindle Unlimitedの方が非常に多く、Prime Readingはあまりありません。

Kindle Unlimitedのメリット

Kindle Unlimitedのメリットとして5つが挙げられます。

  • 1月に1冊以上読むだけで元が取れること
  • 有名な本屋人気の本が読むことができる
  • iPadやKindle等で読むことができる
  • 親端末で家族に本の貸し出しや管理が可能
  • 読めるジャンルが非常に多い

以上の5つです。

1冊の利用で一月の支払い料の元を取れる

Kindle Unlimitedは1月980円です。1冊あたり約1000円以上しますので、1冊以上読めば簡単に元は取れます。

漫画などの単行本を読むとしても、1冊500円なので2冊読めば十分です。

例えば、本を3冊読んだ場合、1冊を1000円だと仮定すると税込み1100円なので3300円かかります。Kindle Unlimitedだと980円で読めるので、2000円以上のお得になります。

有名な本や人気の本が読むことができる

Kindle Unlimitedで読めるこの種類は、まだ一部でしかありませんが、有名なビジネス本や自己啓発本を読むことが可能。

例えば、

など、ビジネスで使える本や自己啓発本が簡単に読めます。

iPadやKindle等で読むことができる

電子本なので物理的にものを置くわけではないので、場所を圧迫する事はありません。スペースを取らないことが大きなメリットであり、さらにすべての本を持ち運ぶのは簡単です。

わざわざ図書館に行ったり、本屋に行ったりして本を買ったり読む必要がなく、スマートフォンやタブレットでダウンロードすれば読むことが可能です。

また、一度にたくさんの本を運んで、カバンが重くなることもないので非常に便利です。

親端末で家族に本の貸し出しや管理が可能

Kindle Unlimitedでは1つのアカウントで最大6つの端末で電子書籍の共有が可能です。

共有や管理機能を用いて特定の端末だけ共有したり、特定の端末だけ見られないようにしたりすることも可能。

例えば、子供用に読ませる本と大人用の本で分けることができます。親機から子機(子供用の端末)の管理が可能。

読めるジャンルが非常に多い

普段関わらない、もしくは読まない本も気軽に読めるもの。経済の本や科学の本など専門書を読むことが可能です。

例えばビジネスや経済誌では「エコノミスト」や「ニュースウィーク」といった雑誌を読めます。

またコンピューターサイエンス分野では、iPadの使い方やパソコンのお得な利用方法などを説明している雑誌が読めます。

文学・哲学の古典的名著も読み放題です。

kindle unlimitedで読める古典のおすすめ55冊
amazonの読み放題サービス kindle unlimited(キンドルアンリミテッド)で読めるおすすめの古典を紹介します。 英米文学 フランス文学 ロシア文学  日本文学 中国文学  思想・哲学  戯曲・シナリオ 社会・政治から選びました。

Kindle Unlimitedのデメリット

Kindle Unlimitedでデメリットとして

  • 読み放題対象の本が毎月変わる
  • 読みたい本や読み放題対象の本を探しにくい
  • 保有できる本が20冊まで

以上の4つがデメリットです。

読み放題対象の本が毎月変わる

Kindle Unlimitedのラインナップは毎月変わります。先月まで読めた本が突然今月になって読めないこともしばしばあります。

1000冊以上の人気のラインナップが削除されたこともあります。

kindle unlimited 対象で読んでいて端末に入っている本が月が変わり読み放題対象から外れたらどうなるのでしょうか?

そこは安心してください。ダウンロードした本は追加料金を払うことなくそのまま読むことができます。
本をダウンロードするときに読み放題対象かどうかがポイントです。

また、残念ながら書籍や漫画の最新刊等は対象にならない場合が多いので注意が必要です。

読み放題対象の本を探しにくい

Kindle Unlimitedの検索機能はやや癖があります。
読み放題の本を探しにくい問題があります。

なれれば特に問題となるレベルではありません。

「本」の中で検索するのではなく「kindleストア」の中で検索してください。

そして、
ちょっとわかりにくいですがPCであれば左のサイドバーに「読み放題対象タイトル」にチェックを入れれば、
スマホであればヘッダー部に「絞り込み」というボタンから「読み放題対象」を選択すれば、
読み放題対象だけが検索されます。

保有できる本は20冊まで

Kindle Unlimitedはたくさんの本を保持することが可能ですが最大20冊までしかできません。

21冊目を読むときは、今ある本をどれか1冊選び削除しなければなりません。
そのため、本を20冊以上端末に入れたい場合には難しいです。

どうしても20冊以上端末に入れて持ち歩きたい場合は、電子書籍として購入すればいいです。

Kindle Unlimitedの料金、支払い方法

Kindle Unlimitedは月額980円で利用が可能です。
初回登録のときには無料で30日間使うことが可能です。
無料期間の解約によるペナルティはなく安心して解約ができます。

また、Kindle端末、kindleやKindle Paperwhiteの購入のときには、Kindle Unlimitedを3カ月間無料で利用可能です。

Kindle Unlimitedの利用料金を支払う方法は大きく分けて5つです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • プリペイドカード
  • 携帯決済
  • ペイディで翌月払い

でKindle Unlimitedを支払えます。

注意点としては、アマゾンのギフトカードや振り込み銀行からの支払いでは、使えないので注意してください。

まとめ

本をたくさん読みたいけどそんなにお金がない人に向けて記事を書いてきました。

読書好きには絶対オススメなKindle Unlimited。毎月読書する方には必須アイテムといえます。

しかしキンドルアンリミテッドで読めない本もあるのは事実です。
これに入れば読書代が毎月980円に収まるというものではありません。

ただ、普通の本の購入に加えkindle unlimitedも併用することで読書の自由度が大幅に増します。

是非、無料体験をしてみてください。あなたの読みたい本や好きな本が見つかるはずです。

Amazonの公式ページへ↓↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました