40代の格安 SIM 散々迷って結局 マイネオを選んだ理由

格安SIMって一体どこにしたらいいのか迷いますよね。

格安SIMを今まで4年間使ってきました。

今回 スマホを変えることにしたのですが、いま使っているOCN モバイル ONE
でいいのかよくわからなくなったので格安SIMもどれがいいか調べてみました。

しかし、色々調べ、迷い、結局 mineo
を選んだ経緯を紹介します。

格安SIMに求めるチェックリスト

格安SIMにはたくさんの種類がありサービス内容も様々です。

仕事でも使うので以下の項目を満足する格安SIMを探しました。

  • 通信速度
  • 解約時の条件
  • テザリングの有無
  • 国際ローミング:海外出張でも通話ができる
  • 10分間かけ放題通話プラン

逆に以下の事は気にしませんでした。

  • 価格
  • キャンペーン

格安SIMは携帯電話の通信機能を担うものです。

格安SIMを選ぶ時点で大手キャリアよりは十分に安くなっています。
これ以上安くすることを追い求めるのではなく、快適な通信を提供してくれる事が大事ですので、価格は特に気にしませんでした。

通信速度が速いUQモバイル

モバレコの通信速度調査通信の快適さランキングなど、複数のサイトで調べてみると通信速度が一番速いのは、【UQモバイル】
です。

しかし、残念なのはいわゆる2年縛りです。

無料通話がついた、おしゃべりプランやぴったりプランだと契約解除料 9,500円がかからないのは契約してから26か月目のみなのです。
25か月目や27か月目の契約解除だと9,500円払わなければいけません。

これは非常に面白くないのです。先程お金ことは気にしないと言いましたが・・・。

一方、無料通話がつかない、「データ高速+音声通話プラン」「データ無制限+音声通話プラン」であれば、12か月間の最低利用期間以降であれば契約解除料は払う必要はありません。

【UQモバイル】
は対象から外すことにしました。

しかし、データ容量が3GBを超える場合通信速度が500kbsになってしまいます。

スマホでテザリングして出先でパソコンで業務できるようにしたいので、3GBだと少し容量が足りない可能性があります。

格安SIMの通信速度調査にはばらつきが多い

格安SIMの通信速度はUQモバイル以外はばらつきが大きいです。あるサイトでは速度ランキングが高かったのにあるサイトでは普通だったりするのです。

通信速度でMVNOを決めるのは難しいのかといろいろと調べていました。

MVNOはdocomoやauの回線を使ってサービスをしているのです。

どうも傾向的にau回線の方が早そうだと思いました。

その理由として
docomo回線を使った格安SIMは昔からあるのでユーザーが多い。

ユーザーが多ければその分、回線が混んでいるので、通信速度は遅い。

一方 au回線の格安SIMは割と最近始まったのでユーザーが少ない。ユーザーが少なければ回線はすいている。
だから通信速度は速い。

これなら納得できると思いました。

ちなみにmineo
はソフトバンク回線も始めました。


au回線を使うMVNO業者はどこか

では【UQモバイル】
の他にau回線を使う格安SIMのMVNO業者はどこか調べました。

この3社の中から選ぶことにします。

3社でどこが速いのでしょうか?

ドコモはDプランとau回線はAプランと呼ばれています。
Aプランの速度をググりました。

条件によって速度のばらつきが多くあまり絶対的な物はないのですが、なんとなくの感想

mineo
まあ、割と早い方に分類される
IIJmio
別に速いわけではないのという印象
BIGLOBEモバイル
まあ別に速いという印象もない

どこもいまいち決定打に欠けます。
通信速度だけで決めるのは優柔不断な私にとって至難の業です。

mineo、IIJimo、Biglobeモバイルの特徴

この3社は海外で使うこともできますし、私が使うアンドロイド端末であればテザリングも問題ありません。

あとはどんな特徴があるかです。

mineoの特徴



特徴としてはドコモ、au、ソフトバンクの3つの回線を使えることです。

他にはやっぱり、新しいというか勢いがある感じですね。

最近の顧客満足度が高いブランドです。
mineo受賞一覧
mineo
は最低利用期間の制約がありません。但し契約してから12か月以内にMNPをすると12420円の違約金がかかります。これが実質的な最低利用期間です。

mineo電話(無料アプリ)を使えば、10円/30秒ですし、誰とでも10分かけ放題が850円です。




IIJmioの特徴

IIJmioは地味なイメージですね。

通信の老舗であるということが特徴としてあげられています。
通信速度であまり大きな差がないのでコアなユーザーがいるiijmioはありですね。

顧客満足度が高いですが受賞一覧を見ると2016年以降が見当たりません。

月830円で10分以内の通話が掛け放題です。

解約金は(12カ月-利用開始月を0カ月とした利用月数)×1,000円(税抜)なので、割と安い方ですね。

NTTドコモのLTE対応・広いエリアと高速通信。IIJmioの格安SIM

Biglobeの特徴

ビッグローブの特徴は大容量に強いという所ですね。

30GBプランとかあります。

2017年、2016年の顧客満足度一位です。




mineoを選びました

もうどこも、十分なサービスを提供してくれています。

最後は華々しさ、勢いでmineoを選ぶことにしました。

コメントを残す

*

CAPTCHA