口が臭いと上司に言われた。本人に自覚はないのではっきりと伝えよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
口が臭いと言われた

口の臭いが気になる。
誰しも経験があると思います。

私は会社の上司にはっきりと君の息はくさいと言われたことがあります。

自覚症状が全くなかった私が口が臭いと言われたときの話です

上司から口が臭いと指摘される

ある日、上司から、正確には上司の上司です、ちょっと部屋に来るようにと呼ばれました。
仕事上接点が殆どなかったので一体何事かと思いました。この上司は欧米人で非常に流ちょうな日本語をしゃべります。

上司 「けいるん君、どうかね元気かね?健康診断には行ったかい?。」

けいるん

はい、行きました

上司 「体はどうだった?どこか悪いところはなかった?」

けいるん

いえ特には。

上司 「胃はどうでしたか?。」

けいるん

いえ胃も特に何も言われてません。

上司 「だとしたら歯医者に診てもらった方がいい。」

けいるん

は? (何を言ってるんだろうこの人は)

上司 「けいるんさんの息は臭いです。
体のどこかに絶対に問題があるはずです、胃に問題がないんだったら歯医者に行ってみてもらってください。」

強烈なパンチをもらい、何も言えなくなり、その臭いと言われた口を私はただ、ただパクパクとし、空気を鼻から吸って口から上司に向けて吐くことを意識しました。

上司 「他の会社のメンバーに言われたことはありませんか?。」

けいるん

いえ、ありません。(小さな声で)

そうか、みんなジェントルマンなんですね。

上司 「あなたはお客さんとも話をする立場にありますから、息を臭いとお客さんにも迷惑が掛かってしまいます。

いま、こうして話していてもすごーく臭いんですよ。」

口が臭いと言われ凹んだ

さすがに凹みました。
色々な人に申し訳ない気持ちがわいてきました。

大声で笑ってごめんなさい。
正面に座ってごめんなさい。
隣に座ってごめんなさい。

口臭のセルフチェックは難しい

口臭のセルフチェックは難しいです。

よくコップに自分の息を入れて臭いをチェックするというのがあります。

しかし全く自分で臭いを感じません。

なんらかの匂いはあったとしても、鼻がひん曲がるようなにおいは感じません。

ブレスチェッカーのような客観的に口臭のレベルがわかる道具を使うべきです。

口が臭いとはっきりと伝えてもらわないとわからない

今思えば、自分の口が臭いと暗に指摘されていたようなこともありました。

父には、帰省するたびに
「おい、お前 ちゃんと歯磨いてんのか?。」

母には
「ちゃんと、歯磨くんだよ、ちょっと臭いあるから。」

嫁にも俺の口は臭いのかと問い詰めました。
たまに、匂いすることあるかも。」

いずれも弱いです。

これでは伝わりません。

親に言われれば、歯磨きくらいちゃんとやっているよ、ほんとに親はいつまでたっても子を心配するものだなと真に受けません。

匂いの気にし過ぎはよくない、生きているのだから口臭はあって当たり前。

匂いがないのは無機物だけだ。

そう思っている、男性ホルモン多めの人にはまったく通じません。

口の臭い人には口臭の有無ではなく口臭の強さをはっきりと伝えましょう。

口が臭いと言われた人は凹みます。

しかし、そんなことを言ってくれる人は世界にほとんどいません。

あなたが彼氏、彼女に口臭が非常に強いことをして気したら、その人と非常に深いきずなで結ばれることになります。

大切な人と長く一緒にいたいのであれば、口臭指摘という一線を越えましょう。

どうしても言えないというのであれば、

その人がしゃべった瞬間に鼻を隠す+顔を背けたり、

「自分の口臭が気になって口臭チェッカー買ったんだけどあなたもやってみない?」

などと露骨すぎる方法を取りましょう。

そこまでしても伝わるかどうか微妙なラインです。

本人は朝から晩まで自分の口臭をかいでいるのです。
クサいとは思っていません。

俺の口が臭い?そんなまさか、と思うだけの可能性もあります。

昨日ラーメン食ったからちょっとニンニクの臭いが残ってるのかなと、

あくまで口臭を一時的なものだととらえる可能性があります。

だって歯だってちゃんと磨いているし、自分の口が何故殺人級に臭いのか理由がわからないのです。

口の臭いを指摘した上司には感謝

私も自分で意識していなかった問題を指摘してくれたこの上司には感謝しています。

人に口が臭いと面と向かって言えますか?
下手すりゃ逆切れ、もしくは後日改めて、ナイフで刺される恐れだってあるのです。

口臭対策することを誓う

親にやんわりと言われたことがあったので自分は口臭があるとの自覚はありました。
しかし私の息がそこまで臭いとは思ってもいませんでした。

私の口臭は凶器レベルだったんだと思い知らされました。

もうここまではっきりと言われたらさすがに何とかしなければいけない。

こう思ってもらって初めてあなたの大切な人が口臭対策に取り組んでくれるのです

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

人気記事

コメントを残す

*

Translate »