ビジネス用のアウター、チェスターコートを購入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コート

すっかり寒くなってきました。
会社に着ていくコートが欲しいけど何を買ったらいいかわからない。
ビジネスでも使えるアウターとしてチェスターコートを購入した経緯を書きます。
ビジネス用のコートに求められること、ブックオフ、ユニクロを探し最終的にUnited Tokyoで購入しました。

アウター購入を決意

通勤用のコートにうっすらと、裂け目ができているのを発見しました。
腰のポケット辺りに長さ10㎝ほどの大きさ。
まあ別にいいさ、と思って着ていたんですが、嫁からまともな大人はそんな服着ていないよとの指摘。
まー、確かに、そうかもね。

  1. 10cmの裂け目のある服を着る
  2. お金がもったいない、服を買うのがめんどくさい
  3. 多少は大丈夫とそのまま着る
  4. 服装に無頓着になる
  5. なんとなくだらしない外見になる
  6. ダッサダサの大人になる
  7. 他者からもダッサダサとみられる
  8. ダッサダサは外見だけでなく中身にも影響を及ぼし始める

これはもう見事に
引き寄せの法則
が働いているのです。
今のコートももう10年近く着ているし、さすがに新しいアウターを買うことを決意しました。

ビジネスでも使えるアウターに求めること

さて一口にアウターと言っても色々な種類があります。

ビジネスで使えるアウターとしてどのような要素を求めるべきでしょうか?

  • 会社の同僚に見られたときに、びしっとした印象を与える
  • 出張中も着ていくので、お客さんに対してもびしっとした印象を与える
  • 防寒性はそれほど求めない:アウターを切るのは主に移動中。移動には電車、車が殆どで歩くのはせいぜい15分程度。
  • 予算:2万円

ここら辺を軸に探していきます

ビジネスでびしっとした印象を与えるアウター

私もメルマガを購読しているファッションバイヤーMBさんが言っている事からびしっとした印象を与えるビジネス用のコートの要点は以下になると思います

  • 黒ロングコート
  • スーツでも使っている素材:プラスチックぽい奴ではなく毛で出来ているタイプ。ウール素材がいいでしょう
  • シンプルなデザイン

これならどこにでもありそうです

まずはブックオフを散策

こんな至ってスタンダードな物であれば、まずはブックオフへGOです。ここで良品を安く手に入れるのであります。

片っ端から探しても無いのです。
いやいやいや、何でないのよ
こんな普通の物がない。そもそもロングコートが少ない。

またお金の節約のために貴重な時間を無駄に使ってしまったと後悔をしました。

過去にも苦い経験が。

ユニクロへGO

続いてユニクロへ行きます。予算2万円ですからね。

ウールブレンドシングルコート

ユニクロウールブレンドシングルコート

ユニクロウールブレンドシングルコート

写真はユニクロのウェブサイトから引用

お値段も5900円くらいですこぶるお得。
少し手に取ってみました。
すると何やらずっしりと重く感じました。
別に測ったわけではないし何かと比べたわけでもないのです。
只、なんか重いなと感じました。
取りあえずお見送り

ウールカシミアチェスターコート

ユニクロ_ウールカシミアチェスターコート

写真はユニクロのウェブサイトから引用

こちらが私の狙いのコート。
ウールカシミアチェスターコートです。
手にとっても重さは感じません。触ってみると柔らかな肌触り。
すっかり気に入りました。
そして試着。
んんん?
かすかな違和感を感じました。
よーく見ると、表の縫い目の糸が長いのです。
こんなイメージ。

ユニクロ_ウールカシミヤチェスターコート拡大

これが気になりだしました。
はっきり言って、実用上何の問題もないのですが、気になってしょうがない。
他のコートもこうなのかもしれません。

価格も1万円ちょっと。コストパフォーマンスに優れているし、いいや買っちゃえと思いました。
自分の感情をコストパフォーマンスで殺すのだ。そう思いました。
しかーし、いけない。これはいけない。
ここまで強烈に意識してしまうと、このコートを着るたびに感情を押し殺して買ったコートであることを認識してしまいます。
納得できていればいいのでしょうが、なんか納得できないのです。
来年はコートを買うつもりはありません。
自分の感情を大事にし、お見送りとしました。( -д-)ノ

MBがすすめるUNITED TOKYOのコートにする

結局、ファッションアドバイザーのMBがお勧めの、UNITED TOKYOのコートを購入することにしました。
ウェブサイトをチェックしていると、私を混乱させる要素が

ステンカラーコートかチェスターコートか

ステンカラーコートとチェスターコート

写真は
UNITED TOKYOのウェブサイトから引用

ここで選択肢が。ステンカラーコートかチェスターコートか選べるのです。
違いは首元。
ステンカラーコートの方は上までボタンがついています。
こちらの方が暖かいでしょう。
一方チェスターコートは大きな襟(ラペル)、スーツのジャケットをそのままアウターにしたようなものです。
ネクタイをしていたら、ネクタイも見えます。
よりフォーマル度が高いのです。
狙いはびしっと。フォーマル度が高いチェスターコートにすることにしました。

価格は2万円をちょっぴりオーバーしました。
近くにUNITED TOKYOの店舗がないので実物を確認せずに買うのは勇気がいりましたが思い切って購入。
これ以上、コート選びに時間を使いたくないという思いもありました。

UNITED TOKYOのメリノメルトンチェスターコートの感想

さて、実際にコートを見てびっくりしたのは、非常にがっしりしている点です。
形状保持がしっかりしているのです。
型崩れしそうになく、しわが出にくいです。
ユニクロのウールコートを持った時に感じたずっしり感もありません。
ビジネスに堂々と着ていける満足な一品なのでした。

しかも女子社員に、あれ~ けいるんさん、そういうコートってなんていうんですか~?。
ウールコートっていうんでしたっけ? それともチェスターコートっていうんでしたっけ。

と話しかけてきてくれました。

私は、ウールは素材で、チェスターは形を示しているからウールチェスターコートでいいと思います。
と答えました。

女性社員は 「とにかく、

素敵です❤。」

 
といわれました。
なにこれ、愛の告白かしらと思いましたが、悪い気はしませんでした。

コメントもらえるとうれしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

Translate »